その他メニュー

有限会社 (とう)()  横田園

〒350-1303 埼玉県狭山市沢12-5

TEL:04-2959-6308
FAX:04-2959-0931
営業時間:9:00~18:00
定休日:水曜日

当園のご案内

商品案内

狭山茶のお話

特色

「色は静岡、香りは宇治よ、味は狭山でとどめさす」 の歌にもあるように、全国にはいくつかのお茶の産地がありますが、その中でも狭山茶は緑茶生産の経済的北限です。狭山茶の特徴である「コク」は、寒い冬を乗り越えることにより、いっそう深まり、また「狭山火入れ」という独特の仕上げ技術により、甘くて濃厚な味わいがあります。

歴史

日本では、お茶の木が育てられるようになったのは、今から800年以上前のことです。臨済宗の開祖、栄西禅師(えいさいぜんし)が中国から種子を持ち帰り、播いたのが始めといわれています。それからしばらくたって、武蔵の国(今の埼玉地方)でも栽培されるようになりました。鎌倉、室町時代には、我が国名園五場にも数えられ、当時は河越茶(川越茶)と呼ばれていました。 狭山茶が本格的に茶業として始まったのは江戸時代の中頃からで、主に江戸の人々にお茶が飲まれるようになったからです。その後、横浜港開港と同時にアメリカなどに輸出され、狭山茶は著しく発展しました。

商品カテゴリー

  • 緑茶
  • 機能性茶
  • その他のお茶
  • side-products-bunner
  • products-giftjpg
  • お買い得品