その他メニュー

有限会社 (とう)()  横田園

〒350-1303 埼玉県狭山市沢12-5

TEL:04-2959-6308
FAX:04-2959-0931
営業時間:9:00~18:00
定休日:水曜日

当園のご案内

二番茶後の整枝作業

二番茶後に浅刈り(二番茶摘採面から 5~10cm 下げ)を行うことによって、主要病害虫の発生量を押さえることができます。
また秋芽の生育が一番茶後の浅刈り作業した茶園と同等で、翌年の一番茶収量も同程度確保する事ができます。

投稿日:2018年7月7日 土曜日
カテゴリー: スタッフ日記 |

狭山抹茶の原料として

二番茶の緑茶製造が終了

休む間もなく「狭山抹茶」の原材料となる碾茶用の生葉の摘採です。

 

被覆を1.5葉期に行い被覆期間 20 日間の直掛け被覆を行った茶芽は葉厚が薄くなり、緑色が濃くなっているのが分かります。

 

早速日本最北端の狭山碾茶工房「明日香」へ持ち込みます。

「明るい陽の光にかざした松の葉の透き通るような、味わいのあるあざやかな早緑(さみどり)色にも似た狭山の抹茶」が出来るのが、今から楽しみです。

投稿日:2018年6月28日 木曜日
カテゴリー: スタッフ日記 |

二番茶製造スタートしました。

二番茶は、一番茶摘採からおよそ40~45日後くらいが摘採適期とされています。
ー番茶摘採後41日後の昨日、 二番茶製造をスタートしました。

投稿日:2018年6月15日 金曜日
カテゴリー: スタッフ日記 |

境内茶園並狭山新茶奉納奉告祭

去る6月9日、東京赤坂にある日枝神社に行ってきました。

嘉祥祭と呼ばれる祭りにおいて、44年間続く「境内茶園並狭山新茶奉納奉告祭」です。
境内茶園で収穫、製茶された新茶と狭山市茶業協会の新茶が神前にお供えされ、奉納奉告の神賑行事として執り行われるものです。

 

ここ日枝神社の神の使いは狛犬ではなく「猿」でした。

猿(さる)は、「勝る(まさる)」、「魔が去る(まがさる)」と考えられ、「勝運」、「魔除け」のご利益。
猿(えん)は、「縁(えん)」を運んでくれると考えられ、「縁結び」、「商売繁盛」のご利益があると言われています。

ますますの商売繁盛となりますように

※ 画像はお借りしてきました。

投稿日:2018年6月12日 火曜日
カテゴリー: スタッフ日記 |

夏摘みの狭山抹茶の準備

二番茶シーズンを前に被覆作業を始めました。

 

乗用型管理装置にによる摘採ながら、20日間以上の被覆と碾茶炉により産み出される夏摘みの狭山抹茶。

出来上がりが今からワクワクです。

投稿日:2018年6月9日 土曜日
カテゴリー: スタッフ日記 |

「狭山茶カテキンキン♪」

狭山市のお隣 川越市にてオールマイティーに活動する韓国出身シンガーソングライターTAONさんが、狭山茶を応援するために作られた「狭山茶カテキンキン♪」を、緑広がる茶園の中で歌って下さっています。

覚えやすい曲ですね~
このPVの中に弊社6代目も登場しています。
分かりますかね~

投稿日:2018年6月6日 水曜日
カテゴリー: スタッフ日記 |

「お茶を食す」

所沢にある鰻とヱビスビール樽生がいただける「新岸」さん

今回は「狭山茶」を使った特別料理がいただけるということでお邪魔してきました。

お通しとお作り以外に狭山茶を使っているとのこと

 

お通し、お作りの次に出てきたのが「地元野菜と金目鯛のフライ、狭山茶ソースで」

 

「狭山抹茶 明松」を使った天ぷら
大根おろしと天つゆが写っていますが、塩でいただきます。

 

ほうじ茶で炊いたご飯と鹿児島産の鰻
山椒ではなく、わさびでいただきます。

 

〆はほうじ茶を練り込んだ「武蔵野うどん」

 

そしてアトラクションとして、お店の方のご厚意で津軽三味線と締太鼓による「狭山茶つくり唄」

 

狭山茶を飲み物としてはもちろん、食材として 他の素材と混ぜ合わせ調理することによって茶本来の香りを活かしたレシピを、 寛げる和空間の中で提供して下さったことに本当に感謝です。

古くからの文化である茶をこのような形で提供し、発信して下さることにより、多くの方々が狭山茶の価値を再認識してくれることを期待しています。

投稿日:2018年5月31日 木曜日
カテゴリー: スタッフ日記 |

二番茶の生育のために

 

二番茶の生育のために施肥を行っています。
一番茶の摘採から二番茶まではおよそ45日程度と短く、利用率が悪くなりやすいので速効性の肥料を使います。

投稿日:2018年5月28日 月曜日
カテゴリー: スタッフ日記 |

均一な二番茶をつくるために

一番茶後に遅れ芽を処理し、均一な二番茶をつくるために「整枝」を行います。
遅れ芽が混入すると二番茶の品質が低下します。早摘みや浅摘みをした茶園では、遅れ芽が出る率が高くなるのでとくに必要な作業となります。

「整枝」のタイミングは「遅れ芽が出揃った」と確認することが重要となります。
深さは一番茶摘採の位置よりも深くならないように注意することが大切です。

 

投稿日:2018年5月23日 水曜日
カテゴリー: スタッフ日記 |

二番茶に向けて

一番茶製造が終わったばかりですが、二番茶製造に向けての準備を進めています。

まずは「裾刈り」
裾部の無駄な枝を刈り落とすことで、養水分を有効に利用させるのが裾部刈り落としの主な目的です。
また、裾部の枝は、施肥の際に株元に行き渡らない、畦間を歩きにくいなど管理作業上邪魔になります。これらを解消する目的だけでも有効となります。

投稿日:2018年5月21日 月曜日
カテゴリー: スタッフ日記 |