その他メニュー

有限会社 (とう)()  横田園

〒350-1303 埼玉県狭山市沢12-5

TEL:04-2959-6308
FAX:04-2959-0931
営業時間:9:00~18:00
定休日:水曜日

当園のご案内

景気をはね(羽根)上げる

12月18日 友引

お店に「羽子板」を飾りました。

羽子板は女児の初正月を祝い、邪気を跳ね除け美しく無事成長することを願うための大切な飾りです。

羽子板の歴史は7世紀から宮中にて行われた毬枝遊びが起源と言われており、使用していたヘラの形をした枝が変化して羽子板になったと言われています。
生まれた子供が邪気をはね(羽根)のけ、福徳豊かにすこやかに成人するようにという願いを、優雅で華麗な装飾を施した羽子板に託したのだといいます。また縁起の良い末広がりの形である事から景気をはね(羽根)上げると伝えられる羽子板は、家内安全・商売繁盛のお守りとして飾られます。

小正月まで、飾らさせていただきます。

 

投稿日:2019年12月18日 水曜日
カテゴリー: スタッフ日記 |

「日本茶アドバイザー養成スクール・東京校」の終了式

12月7日、東京茶業会館において「日本茶アドバイザー養成スクール・東京校」の終了式が開催されました。

 

 

 

この「日本茶アドバイザー養成スクール」は、日本茶アドバイザー資格を取得するためのコースの一つで、各分野について学習と経験を積んだ「専任講師」の資格を持つ日本茶インストラクターが担当する、興味深い楽しい実習を交えながらの授業を受講して、日本茶の知識を通学式で楽しく学びながら、日本茶アドバイザー資格を得るシステムです。

このスクールは資格取得合格率が非常に高く、東京校では開校以来、受験資格を持つ方のほとんどが合格なさっています。

今年も受講なさった32名全員の「日本茶アドバイザー」資格認定試験合格が発表となりました。

投稿日:2019年12月8日 日曜日
カテゴリー: スタッフ日記 |

摘芯作業終了

摘芯(てきしん)とは、茶の先端を落とす作業のことを言います。
秋~冬の期間に摘芯することで、春に伸びる新芽に養分が集中し、均一に伸びるようになります。

どの位置で剪定するか、一本一本見極めながら行うこの作業…
茶園一面に広がる自然仕立ての枝を剪定鋏で摘み取る根気の要る作業です。

投稿日:2019年12月6日 金曜日
カテゴリー: スタッフ日記 |

寒害軽減効果を目的として

茶園の寒害軽減効果を目的とした被覆を始めました。
直接被覆による寒害軽減効果は高く、低温に加えて、乾燥が抑制されます。

効果が見られない方がありがたいのですが

投稿日:2019年12月4日 水曜日
カテゴリー: スタッフ日記 |

PayPay決済でも消費者還元が受けられることとなりました。

12月1日より、PayPay決済においても消費者還元が受けられるようになりました。

このマークのお店ならPayPay利用特典に加え最大5%還元!

 

 

投稿日:2019年12月3日 火曜日
カテゴリー: お知らせ, スタッフ日記 |

水に溶けやすいのですが…

腐植酸をより手軽に施用できる資材を施用したのは前回アップした通りですが、8日ぶりの晴天で、やっと土壌と混和することができました。

いまさらという感じですが、水に溶けやすい資材ですが、土壌と混和することによって肥料成分の気化を防ぎ、分解を高める効果があります。
また混和しないと施肥後の雨によって片寄りが生じ、流亡する可能性があります。

この腐植酸資材が今、「バイオスティミュラント」として注目されています。
バイオスティミュラントとは、「植物やその周辺環境が本来持つ自然な力を活用することにより、植物の健全さ、ストレスへの耐性、収量と品質などに良好な影響を与える資材」を言います。

 

投稿日:2019年11月30日 土曜日
カテゴリー: スタッフ日記 |

「おくみどり」完売いたしました。

旨みが高く、新鮮な香りをおたのしみいただける令和元年度産「おくみどり」完売しました。

投稿日:2019年11月28日 木曜日
カテゴリー: お知らせ, スタッフ日記 |

狭山茶を素材として

軽井沢の緑に囲まれるようにして建つ、前面ガラス張りの瀟洒な一軒家「無彩庵 池田」さんにお邪魔してきました。

 

狭山茶をお茶としてではなく、素材として利用した「狭山茶フレンチ」

プレートの上を鮮やかに彩るのは、地元軽井沢の農作物と狭山茶

「おくはるか」のジェル

 

「ゆめわかば」の含め煮

 

「ほくめい」のワッフルに茶クリーム

低温コンフィに「ふくみどり」オイル
「ふくみどり」サブレ

焼おにぎりに「むさしかおり」の茶殻味噌

 

「さやまかおり」の葛

どの料理も仕立ては軽やかながら、素材のもつ生命力をイキイキと感じることができる逸品でした。
食材としての茶葉の可能性を改めて感じるひと時となりました。

投稿日:2019年11月28日 木曜日
カテゴリー: スタッフ日記 |

今年最期の施肥作業

今年最期の施肥です。

堆肥は農作物の安定生産と土づくりにとって貴重な資材です。
しかし労力がかか ることや、材料不足からその施用量が年々減少しているのが実情です。

そのような中、我が家では堆肥施用の省力化にもつながることから代替資材として、腐植酸 を補給するのに有効な「アヅミン」を施用しています。

「アヅミン」は地力の大事な要素である腐植酸を補給する資材ですから、堆肥と同様の効果が期待できます。
大きくわけて3つの効果が挙 げられます。

1.地力を高める効果 腐植酸含量、陽イオン交換容量(CEC:保肥力)、pHの変化に対する緩衝能、 土壌の物理性(通気性、保水性)を向上させます。

2.肥料効果を高める効果 陽イオン交換容量が大きくなるので、肥料成分を保持する能力が高まり、流亡 が軽減されます。
特に肥料の三要素(窒素、りん酸、加里)の効果促進、りん酸の土壌固定化防止・可溶化効果、加里の流亡防止効果が重要となります。

3.根の活性を高める効果アヅミンに含まれる腐植酸の中でも、主に水で溶け出す成分により、根が活性化され根系の発達(根の伸長、細根量の増加)、根の活性化による養分吸収が促されます。

 

 

投稿日:2019年11月23日 土曜日
カテゴリー: スタッフ日記 |

全国一斉お茶いっぱいの日

勤労感謝の日、そして新嘗祭の今日
実は11月23日は「全国一斉・お茶いっぱいの日」でもあります。

全国茶生産青年団が主催者となって、このイベントを行います。
全国ではJA、経済連、日本茶インストラクター協会、茶商連合会等のたくさんの関係機関の協力を得て行われます。

という狭山では多くの皆さんにお茶を飲んでいただけるように「大切な人に狭山茶をいれよう!」キャンペーンを開催しています!
Twitter、Facebook、Instagramでハッシュタグ「#狭山茶いっぱい2019」をつけて投稿いただいた方の中から抽選で10名様にお茶のセットがプレゼントされます。

普段お世話になっている人に感謝の気持ちを込めて、温かいお茶をいれてみませんか?

投稿日:2019年11月23日 土曜日
カテゴリー: お知らせ, スタッフ日記 |